画像 画像
第44回回路国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門正式出品 第23回東京フィルメックス コンペティション部門正式出品 第56回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(チェコ)メインコンペティション部門正式出品

      花瀬 琴音
      石田 夢実、佐久間 祥朗、長谷川 月起 / 松岡 依都美
      小倉 綾乃、NENE、奥平 紫乃
      髙橋 雄祐、カトウ シンスケ、中島 歩、岩谷 健司、岩永 洋昭、米本 学仁、浜田信也、尚玄、上地 春奈、きゃん ひとみ
      早織、宇野 祥平、池田 成志、吉田 妙子

映画『遠いところ』

Story

沖縄県沖縄市コザ。
17歳のアオイは、
近くに住む祖母に幼い息子を預けて、
朝までキャバクラで働きながら
日々の生活費を稼いでいる。
夫のマサヤは、
仕事を辞めてから新たな職を探そうともせず、
アオイに金銭を無心し、
そのことを咎められると
暴力を振るうことで己を正当化するのだった。

ある夜、キャバクラで
警察のガサ入れが強行される。
アオイは水商売の就労年齢に達していない
未成年の仲間たちと、
店を抜け出し警察から逃れようとするも
検挙されてしまう。

警察から帰宅したアオイは
マサヤが生活費を持ち逃げしたことに気付く。
警察の取締りを恐れて
未成年を雇ってくれる店は無く、
頼れる親もいない。
家賃を払えなくなり、
仕方なく息子と共に
マサヤの母の元へ身を寄せる。

昼の仕事を探すものの、
水商売以外の職歴も無く、
幼い息子がいる身では、
自立して生活できる程の
賃金を貰える仕事は見つからない。
切羽詰まったアオイに対して、
顔見知りのキャバクラの店長が
「金を稼ぐ方法はある」と囁く。